eスポーツがオリンピックに?

2018年09月15日 00:00



光と影

光と影


Sony Cybershot DSC-H50


アジア大会でeスポーツなる妙な競技があった。えっ?、テレビゲーム???。

アメリカではオタクドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」などでこの手のテレビゲームの大会が盛り上げるシーンなどが盛り込まれていたが、世界的なスポーツの祭典でテレビゲーム?、しかもオリンピックで採用されるかもしれないなんて噂がある。ホントかよ?。

スポーツは体を動かすだけの競技ではない。海外ではチェスだってスポーツなんだ!・・・。まぁスポーツの定義なんてどーでもいい。

eスポーツをオリンピック競技にするのならもっと他に競技として成立するような「体を動かすスポーツ」があるでしょう?、そう思うんだ。

例えばパルクールとかフリーライニングとか言われているスポーツ。陸上の良く判らない障害物競走よりも見ている方も面白い。

007の映画でも「カジノロワイヤル」の冒頭シーンはパルクール要素たっぷりだった。これがオリンピックに採用されていない時点で私はeスポーツをオリンピックで扱うなんてあり得ないと思っている。同じくブリッジもアジア大会にあったようでこれにも反対だ。

肯定派は「sport」の意味は競技とか遊ぶと言う意味もあり、決して運動だけを意味している訳ではないと言うが、それは屁理屈だって!。







ビリヤードはまだオリンピック競技にはなっていないのかな?。でもこれもアーチェリーとかカーリングとかピストル競技とかが現時点でオリンピックが採用しているのだから、あってもおかしくない。ビリヤードが採用されないでeスポーツが採用、やっぱりあり得ない。

eスポーツそのものを否定しているのではない。世界的にそういうゲームの大会、ワールドカップ等があっても良い。でもオリンピックは駄目だって!。それとゲームの内容にもよるのだろうが、仮想現実で競い合っている点でオリンピックとは違う方向性にあると思っている。

一般に言われている体を動かすスポーツ、モータースポーツとか飛行機、船(ヨット)などのスポーツ、これは怪我もするし、下手すると死んじゃう。でもテレビゲームで死人は出ないでしょう?。私はゲーマーじゃないので詳しくはないが、せいぜい腱鞘炎を煩い、不健康な人はゲーム中に心臓発作?。

仮想の中で戦うのならいずれロボットがもっと進化したらロボットが競技をするようになっちまう。競技をするロボットは壊れもするが、それを操作する人間は怪我もしないし死にもしない。おっと、だったらまずはNHKのロボコンや日本テレビの鳥人間コンテストを世界的にもっと普及させるべきだろう。

今回挙げたパルクール、フリーライング、ビリヤードもそうだし、スカッシュやドッジボールが今後のオリンピック競技に相応しいと思っている。特にパルクール、フリーライング、ドッジボールは貧困の国でも普及する。これらがオリンピック競技になってから、その後の話としてeスポーツを従来のスポーツに組み込むべきか否か、そういう話し合いを始めるべきだと思っている。

まぁあとは私のような保守的なロートル人間が死んでからそういう話し合いをして欲しい。なぁに長生きしてもあと40年だって!(笑)。その頃にはeスポーツの歴史も50年を超えるのだから・・・。

唯一、eスポーツがオリンピックに向くと思うのがシューティングゲームだ。今の射撃関連の競技の全てテレビゲーム化出来るでしょう?。

そうそう、もし万が一、オリンピックにeスポーツが採用されたらそれは夏のオリンピックになるのか冬のオリンピックになるのか、どっちなんだろう?。どうする?、冬のオリンピックのeスポーツ種目がテレビゲームのスキーとかボブスレーだったら・・・。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)