レゲエとのファーストコンタクト

2018年06月19日 00:00

裏ビートと言う2拍、4拍がオンビートになるレゲエのリズムって何故か好き。

ンッチャカッ、ンッチャカッ・・・。

また作業中のBGMはレゲエは最高だと思っている。妙な表現かもしれないが、一般的なロックやポップスと比べ、盛り上がりがないと言うか、音楽が平坦と言うか、どの曲も同じように聞こえるから耳障りじゃない。むしろ非常に心地良い。作業に集中すれば集中する程にレゲエが良い。

そんなレゲエとのファーストコンタクトはエリック・クラプトンだった。中学生の頃かな?。




中学生の頃からリッチー・ブラックモアに傾倒し、他のギタリストはほとんど眼中になかった。しかも「エリック・クラプトン?、ギターを持ったポップスシンガーじゃんか!」とギタリストとして見ていなかった程。

ちょうどこの頃、日本でサザン・オールスターズが流行っていてボーカルの桑田佳祐とクラプトンを重ねて見ていたとでも言おうか。最高のエンターテイナーだろうが、ギタリストとしては認めないぜ!、そんな気持ちだった。「唯一、愛しのレイラだけはカッチョエエ!」、と思っていたくらい。それでも「後半、スライドギター弾いているのはクラプトンじゃなくてデュアン・オールマンだからね!」と今も余計な事を言っていたり・・・。

それでも中学、高校と友達とロックアルバムを貸し借りしてクラプトンの代表曲は聞いていた。その中の「I Shot The Sheriff」、これが初レゲエだ。最初から「この曲、いいね!」と思ったので自分の感覚とレゲエのリズムは完璧にシンクロしていたんだろう。

多分10代後半かな?、この曲がクラプトンのオリジナルでなく、レゲエ界のスーパースター、ボブ・マーリの楽曲なのを知ったのは・・・。




違和感が全く無い!。クラプトンバージョンはオリジナルのアレンジをほぼ踏襲していた。オルガンの入れ方までそっくりだ。ベースがオリジナルの方が味があり、クラプトンの方はよりロックっぽく短調になっているかな?。

その後、レゲエそのものにのめり込む事は無かったが、冒頭の通り、BGMとのしてのレゲエは私の中で確固たる地位を占めている。

自宅で、こうやってネタを書いている時、ほとんど AccuRadioで音楽を聞いている。その中で最も聞くのがレゲエ系のチャンネルなのだった。最近はボーカル無しのナンバーばかりの「Reggae Instrumental」を選択している事が多い。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)